• 病院のご案内
  • 診療科・部門
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • ホスピス
  • 採用情報
  • 資料請求・お問い合わせ

回復期リハビリテーション

栄光病院トップページ > 病院のご案内 > 診療科目・部門紹介 > 病棟のご案内 > 回復期リハビリテーション病棟
入院適応患者さんについて

回復期リハビリテーション病棟のご案内

入院適応患者さんについて

回復期リハビリテーション病棟は、脳卒中後遺症、整形外科系疾患、各種術後や急性疾患治療後の廃用症候群などを有する患者さんに対して集中的にリハビリテーションを行う病棟です(適応疾患患者さんの入院基準を以下の表に示します)。リハビリテーションは、現在、土曜・日曜・祝日を含めた365日体制で行っております。

当病棟では一人の患者さんに対して各種職種のメンバーがチームで診療を行い、
集中的にリハビリテーションが受けられるような環境を整えております。

リハビリテーションスタッフの役割

【写真】理学療法(PT)

理学療法(PT)
理学療法士(PT)は運動療法、物理療法などにより身体機能の改善が得られるような訓練を指導します。

【写真】作業療法(OT)

作業療法(OT)
作業療法士(OT)は日常生活諸動作の自立や職業復帰に向けての技術習得、および、言語聴覚士(ST)と共同して各種高次脳機能障害の評価・社会生活適応能力獲得に対する指導を担当します。

【写真】言語聴覚療法(ST)

言語聴覚療法(ST)
言語聴覚士(ST)は失語症、麻痺性構音障害などの言語機能障害および栄養障害・誤嚥性肺炎のリスクとなる摂食・嚥下障害に対する機能・能力向上、および、嚥下造影検査に基づく適切な食形態の選択などの業務を行います。

【写真】音楽療法(MT)

音楽療法(MT)
音楽療法士(MT)は情緒的な安定化、日常生活の活性化、社会共同生活への参加意欲、さらに、呼吸器リハビリテーションをも兼ねた音楽療法を行います。
適応疾患 発症から入院までの期間 入院可能期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2か月以内 150日
※高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷、
頭部外傷を含む多部位外傷の発症又は手術後
2か月以内 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節、
2肢以上の多発骨折の発症又は手術後
2か月以内 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群 2か月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊髄、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後 1か月以内 60日
股関節又は膝関節置換術後の状態 1か月以内 90日

回復期リハビリテーション病棟トップへ戻る

ごあいさつ
キリスト教精神を医療に反映し、
さらに地域に根ざした病院を。
診療科目
栄光病院の診療科目一覧をご覧いただけます。皆様の生きがいの為に。
部門紹介
栄光病院の様々な部門をご紹介します。診療時間・スケジュール等。
病院概要
栄光病院は創立して33年になります。当院の病院概要をご覧いただけます。
沿革
当院の沿革をご覧いただけます。これからも患者さんと共に歩んでまいります。
施設・設備
様々な症例に対応するための
施設・設備をご紹介いたします。