• 病院のご案内
  • 診療科・部門
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • ホスピス
  • 採用情報
  • 資料請求・お問い合わせ

在宅地域医療のご案内

栄光病院トップページ > 病院のご案内 > 診療科目・部門紹介 > 在宅地域医療のご案内

栄光会の在宅医療

在宅での療養をお手伝いします

社会医療法人栄光会では、栄光病院内の
在宅医療センター栄光(ホスピス・神経難病)と
亀山クリニック(内科)にて、訪問診療を行っております。

栄光病院と亀山クリニック院長を含めて、
多数の在宅医療担当医師と、栄光会訪問看護ステーションによって、
24時間・365日の対応をしています。

ご自宅でも、必要があれば検査を受けられます
尿検査・血液検査・心電図などの検査が可能です。レントゲン、CTなどは病院受診が必要となります。
急変時の栄光病院への対応がスムーズになります
状態によっては、栄光病院での精密検査や入院治療の手配をいたします。

栄光病院の連携【在宅医療センター栄光】医師:5名「ホスピス(専任/一般内科・神経内科(兼任)、事務1名」看護師:3名 ケアマネージャー:1名(兼任)【亀山クリニック】亀山クリニック院長 真柴 温一【栄光会 訪問看護ステーション】栄光会訪問看護ステーション(24時間体制)との連携体制をとっています。在宅療養に関する心配や不安が軽減するだけでなく、病状の悪化を防ぐことができます。医師との連携が密であり、病状変化に迅速に対応できます。

訪問診療って何をするの?

訪問診療 イメージ

訪問診療は患者さんお一人お一人の症状やご要望に合わせて
訪問計画を作成し、定期的に訪問させていただきます。

急な病状の変化への対応として、往診も行っております。

こんな方はお気軽にご相談ください

  • 通院が困難な方
  • がん・神経難病で自宅療養中の方
  • 退院後の自宅療養が心配な方
  • ホスピス緩和ケア(疼痛コントロール)をご希望の方
  • カテーテル、胃ろう、在宅酸素、IVHなどの医療を受けているが、ご自宅で過ごしたいとお思いの方
  • 認知症やうつ症状が見られるが、通院を拒まれお困りのご家族
  • 気軽に相談できる「かかりつけ医」がほしい方

在宅医療連携拠点のイメージ

医療と介護が連携した、地域における包括的かつ継続的な 在宅医療のご提供を目指します。

※厚生労働省「在宅医療・介護あんしん2012」の資料から、在宅医療連携拠点事業のイメージ図

※厚生労働省「在宅医療・介護あんしん2012」の資料から、在宅医療連携拠点事業のイメージ図

ご相談から訪問診察までの流れ

1.お問い合わせ

まずはお気軽に、電話・FAXにてご相談ください。
患者さんの病状・介護状況などをお聞き致します。

内科:亀山クリニック TEL:092-935-0148(代)
FAX:092-937-6133(直)
ホスピス・神経内科:在宅医療センター栄光 TEL:092-935-1222(直)
FAX:092-935-1270(直)

2.状況把握

一度、ご本人又はご家族の方に来院していただきご本人の状態を把握させていただきます。
(可能であれば、前医の紹介状をご持参ください)

3.準備開始

準備が整い次第、訪問診療開始となります。状況にあわせて、訪問診療計画を立案させていただきます。

4.訪問開始

医師及び看護師が定期的にご自宅へ訪問させて頂きます。

訪問診察範囲

栄光病院訪問診察範囲

当院から車で片道 約30分圏内を訪問診察範囲として、お伺いいたします。

お薬について

お薬について イメージ

  • 訪問薬局のご紹介ができます。お薬をご自宅へ配達・管理・整理・飲み合わせのチェックなどのサポートができ、便利です。
  • ・処方箋をご自宅でお渡しすることもできます。ご希望の調剤薬局へお持ち頂いてお薬をお受け取りください。

費用について

・訪問診察の料金(原則月2回)
1ヶ月の医療費ご本人負担額 3割負担:約19,980円
1割負担:約6,660円
・往診料(1回)の医療費ご本人負担額
1ヶ月の医療費ご本人負担額 3割負担:約2,530円
1割負担:約840円
・ケアマネージャーへのご相談
相談料 無料

訪問診療に関する詳細や、お問い合わせは、
TEL:092-935-1222 FAX:092-935-1270

ごあいさつ
キリスト教精神を医療に反映し、
さらに地域に根ざした病院を。
診療科目
栄光病院の診療科目一覧をご覧いただけます。皆様の生きがいの為に。
部門紹介
栄光病院の様々な部門をご紹介します。診療時間・スケジュール等。
病院概要
栄光病院は創立して33年になります。当院の病院概要をご覧いただけます。
沿革
当院の沿革をご覧いただけます。これからも患者さんと共に歩んでまいります。
施設・設備
様々な症例に対応するための
施設・設備をご紹介いたします。